小陰唇縮小で変わる体|自分に自信が持てるようになる

後ろ姿の女性

衛生面にも関係する

小陰唇が大きいと見た目が悪くなるだけでなく、カスがたまり不衛生になったり痛みを感じたりします。清潔かつ快適なライフスタイルを送りたい方は、早急に小陰唇縮小の手術を受けるようにした方が良いでしょう。

うつ伏せになる女性

手術方法と費用

小陰唇縮小の手術は基本的に縫合をします。切除をした部分を綺麗に縫合するだけで終わりなので簡単です。片側約6万円で手術を受けられるクリニックもあるので、費用を抑えたい方にぴったりです。

手術で悩みを解消できる

頭を押さえる人

女性のなかには、人に相談できないような悩みを抱えている方も数多くいます。とくにデリケートゾーンの悩みに関しては彼氏や友人など、親しい人に言いづらいものです。しかし、そのコンプレックスをそのままの状態にしてしまっては自信を持った生活ができないでしょう。少しでも快適な生活を送るためには、コンプレックスを解消することが大事です。
女性の性器には、小陰唇と言って膣の入口にビラビラしたような部分があります。この小陰唇縮小は膣や尿道から菌が体内に侵入しないように守ってくれる役割がありますが、大きすぎてサイズにコンプレックスを抱えている方がいます。小陰唇は性的興奮をすると血流の流れが関係して開くと言われていますが、元から大きい方は常に開いたような状態になっているのが特徴的です。機能性には問題はありませんが、彼氏に見た目を指摘されてショックを受ける方も多いでしょう。自分の体に自信を持つためにも、小陰唇縮小手術を検討した方が賢明です。

小陰唇縮小は美容外科などの専門的なクリニックで受けることができます。なかには患者はもちろんのこと、医師も女性の女性専用クリニックもあるため、男性の目線を気にせず通院することができるでしょう。
どのような美容外科が良いのか分からない場合は、いくつかカウンセリングを受けてから決めてみましょう。小陰唇縮小の手術には医師との相性や手術の腕、料金などが関係してくるため、話しをじっくりと聞くことが肝心です。

両手を広げる人

自宅でのケア

小陰唇縮小の手術後は自宅でのケア方法に気を遣いましょう。ナプキンをつけたり患部を圧迫したりする他に、薬を飲みきり激しい運動を控えるなどすることで、傷口の状態は早く良くなります。